『盗賊と花嫁』稽古場日記!4/29

どうも!
演出助手の飯島です!

連日夏のような暑い日が続いていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

稽古場は立ち稽古に入っており、一つギアチェンジをして険しい道を進んでおります!

前回公演『旅人と門』と同様に小道具は殆ど使わず、俳優の身体のみでどこまでも物語をつくっていきます!
お客様と俳優の距離感が非常に近いので、かなり臨場感があります!

今日は・・・とあるシーンで佐藤修作さんが人を切る場面が出てきました。
もちろん本番は刀や刀にみたてた小道具などは一切なしです!

最初稽古をしている時は中々感触が掴めず、試行錯誤をしていたのですが……
何度か繰り返して行くと……。

おや……?
血が出てきて……。

そこに絶叫が入ってきて……。

何も持っていない修作さんの手に刀が…!!!

僕の目には確かに見えて、怖いというか、少し淀んだ気持ちになり、心を揺さぶるというのはこういう事なんだなと改めて感じました!

それをお客様に届けられるよう、日々精進しております!

以上演出助手の飯島でした〜。

PS.皆がストレッチなどをする中、スウェットを捲くし上げてスカートにする修作の図(笑)

あと、稽古場写真を撮り忘れてしまったので、、この前皆で飲みに行った時の図

また次回!

公演詳細は●こちらから●

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



ページ上部へ戻る